oslob-waterfall

こんにちは!@あいあいです。

うわ~。本当に何から書けばいいんだろうね。笑

えっと、まず、、、

ついに来週、帰国します(泣)

一言でゆうと、めっちゃ嫌。

行きたいところにダイレクトに行けるなら、絶対そのままブイーンって飛んでる。

でも仕方ない。

お金尽きちゃったからね(笑)

世界はシビアですよ。日本に戻って、もう一度お金とスキルを貯金します。

今度は、日本に戻らなくても生活していけるように。

あ、言っちゃった(笑)はい、これが私の今の目標、そして夢です。

夢は叶うものとゆうのは、おとぎ話の世界かもしれませんが、

夢(目標)は叶えるためにあるものとゆうのは間違いなく事実だと思います。

叶えるために努力を惜しまない。

叶えるまで諦めない。

この2つを過去に実行してやり遂げた人を、私はこの旅の中で何人も何十人も見てきました。

独身であっても、恋人がいても、家族がいても関係なく。

これは大阪市内の小さな場所にとどまっていた私にとって、とってもとっても大きな収穫の1つです。

今いるコンフォートブルゾーンを抜け出して、広い世界のレベルを知ること。

今から新しい夢を目指すことは無謀だと気付かされることもあったし、どんな世界に行っても自分の根っこは一緒なんだなと思うこともあった。

でも、自分が目指したい場所に行けるチャンスが例え多くないとしても、ゼロでもないということもわかった。

そして、そのチャンスを目の前にしたときに一番大切なことは、

無謀であっても飛び込む行動力があるかとゆうこと。

これが一番大切なことだと思いました。

目の前に来たチャンスは、1日経てば消えてなくなることもあるし、本当に早ければ5分とか、そんな状況だって絶対あると思う。

飛び込んだ後に「なんか違うな」って他に気が向くことだってあると思う。(私はこればっかりです。笑)

でも、勇気をもってドキドキしながらも飛び込んだ世界から学ぶことや気付くことは本当に多いと思いました。

簡単なことから、深いことまで。

良いことから、悪いことまで。

物理的なことから、精神的なことまで。

全部がこれからの人生にきっと生きる。どこかで絶対、役に立つ。

そしてこれらはすべて、飛び込まなければ知ることが出来なかったことだらけです。

有名な本のタイトルであったよね。「置かれた場所で咲きなさい」とゆう言葉。

created by Rinker
¥471 (2020/11/28 19:58:53時点 Amazon調べ-詳細)

これができる人は、本当にすごい人だと思う。

私には絶対無理。私は、今はそんな時代じゃないと思う。

自分で望むままに動いて、もがいて、チャレンジして、失敗して、そうやって生きていける時代だと思う。

ちょうど今朝、ネパールの友人からメッセージがきた。

カトマンズでホテルと旅行会社を経営している純粋なネパール人。

別に豪華なホテルじゃなく、アットホームが売りのリーズナブルなホテル。

送られてきたメッセージには、「来月から約2週間、アメリカに行く!」って書いてあった。

私はめちゃくちゃ驚いた!

日本に来たことは何回かあるとは言ってたけど、彼の今回の旅先はアメリカだったから。

アメリカは次の私の目標でもある国だから、それとリンクもしてすっごく興奮した。

それに私は、前に彼が「学校に行かず子供のときからずっと働いてきた」と話してくれたことも覚えてる。

平均年収が4万円にも満たない国ネパールの人が、アメリカに。

もー聞きたいことだらけだ。

私「アメリカのどこに行くの?」
彼「ワシントンとニューヨークだよ」
私「そこに友人がいるの?」
彼「いないよ、ひとり旅だよ」
私「失礼なことを聞いていたら、ごめんね。今回のアメリカの旅にいくらかかったの?」
彼「全然いいよ。往復でだいたい5,500USDだったよ、そこまで高くないよ」
私「日本人からしても高いよ!なんで急にアメリカに行こうと思ったの?」
彼「アメリカ旅行は夢だったから」
私「わかる。めちゃくちゃわかる。私もそうだよ」
私「でも、、、ごめんね、ネパール人ってお金持ってないイメージだったからびっくりしたよ」
彼「僕はホテルと旅行会社を経営しているからね」
私「素晴らしいJobだね!」
彼「Jobじゃない、My businessだよ」
私「はは!ごめんごめん、楽しんでね!」

彼は、夢をあきらめなかった。その結果が「今」なんだと思う。

インド→ネパール→スリランカ→フィリピンを放浪してきて、私が出会った外国人は数えきれない。

ほとんどの人が私を見て、「うらやましい、日本人だからどこでも行けるね」と言ってきた。

特に、フィリピン人は本当にこのフレーズばっかり言ってきた。

「親に従うのが、フィリピンの文化なんだ」って。

これを言われると、それ以上なにも言えなかったけど、心では「そう言って自分を諦めているようにしか聞こえないよ」と正直思っていた。

簡単に行けないのはめちゃくちゃわかるし、親の説得も貯金も大変だと思う。

日本でぬくぬく育ってきた自分が偉そうに口を挟める事でもない。

でもね、行けないわけでは絶対ないと思ってしまう。

これは否定ではなくて「諦めないでほしい」ってゆうエール。

この7ヶ月で私が得たものは、まだまだ自分でも整理できてないくらいたくさんありますが、今日はこのへんにしておきたいと思います。

さて、4日前から、ネグロス島にあるドゥマゲッティとゆう小さな港町でレスキューダイバーの講習を受けていました。

今はまた、次の島に行くフェリーの出航を待ちながらこの記事を書いてます。

思う存分、一人旅を楽しんできま~す!

swim-jinbeisame

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)