sapporo-moliere-cheese

みんな寒いね〜!元気〜!?あいあいで〜す!!!

sapporo_rengacho
札幌なう

マスクがうっとしいのでもう1回行くね!

今日は、北海道の札幌市からだよ〜!あいあいで〜す!!!

hokkaidocho
札幌・赤レンガ庁にて

いやはや、コロナで海外に行けないもんだから、北海道って国にやってきたんだけど、素晴らしい場所ですね!この土地は。

mirei-snowrime
霧氷と空

ってことで今日は、札幌に来たら借金してでも訪れるべき究極のフレンチレストランを大紹介します!

予算は13,000円!今すぐ13,000円用意して札幌に飛んできて!

日本が誇る最高峰のフレンチレストラン「モリエール」を経験せずに寿命を迎えるなんてやめなはれ!

それに、この13,000円という金額にどれだけの価値があるか、最後まで見てもらったら全員が納得するはず。

世界に名を轟かす究極のフレンチ「モリエール」を創り出した熱きシェフとは?

この店のオーナーシェフは、中道 博(なかみちひろし)さん。北海道で生まれ、札幌の4つ星ホテルで勤めた後、渡仏しフレンチ修行を重ねながら世界料理コンクールにて金賞を獲得。その後も様々な称号を得て、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」などにも出演されています。

ここ、モリエールさんは1984年に開業されて以来、世界中から多くのファンが押し寄せる名店の中の名店。北海道の厳しく雄大な自然が生み出した食材だけを使うという中道さんの地元愛溢れる情熱は、今までなかった「北国の美食」に革命を生み出し、彼の情熱に感化された料理人や若者が、中道さんの元に身を置きながら修行を好むまでになったとか。そんなことから、モリエールには日本最強のシェフ軍団が在籍するとも言われている。

sapporo-moliere
お店の外観

そんな中道さんが率いるまっすぐな情熱は、世界水準の一流に認められた場所にだけ贈られる「ルレ・エ・シャトー」にも掲載されている。ちなみにこの称号を得ている日本のレストランはモリエールを含めて8店舗だけなんです。まさしく世界に誇る日本を代表するレストランです。(2020年調べ)

sapporo-moliere-michelin
ルレ・エ・シャトー(青い表紙)

ドレスコード不要!カジュアルに楽しめるミシュラン3つ星の「おもてなし」

こんなに格式高いレストランだから、ドレスコードが必要なのでは?と思うかもですが心配いらないです。実際、私は普段通りのアウトドアな服装にスノーブーツ+でっかいカメラをぶら下げながら来店しましたが、スタッフ皆さんが暖かく玄関からお出迎えしてくださいました。

sapporo-moliere-tennai
店内はそこまで広くない

モリエールさんは電話予約制です。私は来店の3時間前に電話して席を開けてもらいましたが、多分これは稀なケースだと思うので、前日〜数日前に電話予約しておいてくださいね。席数もそこまで多くないので、すぐに予約で埋まると思います。

電話予約の際には、希望のコースと苦手な食材を丁寧にヒアリングしてくださいます。

私は「辛いものだけ食べれないです」と伝えると、「ワサビの辛さはいかがでしょうか?」「少し辛味のあるソースは別に避けておく形でよろしいでしょうか?それとも初めからスパイスは使わないほうがよろしいでしょうか?」と本当に丁寧に時間をかけて提案してくださいました。

sapporo-moliere-tableart
テーブル席

絶品フレンチが15品!9,900円のコースでここまで堪能できる!驚

さて!席に案内されました。椅子に座る瞬間までスタッフさんが丁寧に誘導してくださいます。

sapporo-moliere-table
おひとりさまテーブル席

たまたま私の座った席の背後が厨房で、シェフさん達の体育会系の掛け声や会話がたくさん聞こえてきました。時々、先輩から容赦ないお叱りの言葉を受けているスタッフさんもいましたが、いざフロアに出るとさっきまで怒られていたのが嘘だったかのようにプロの顔に戻っていて「すごっ!!(゚Д゚)」って感じたことも。

sapporo-moliere-knife
美しい

さすが、一流店の極み。ここのスタッフさん達はみんな、自分がどういう場所の一員であるのかっていうことを強く誇りにされている姿が、とても美しかった。

さて、こちらがドリンクメニューです。せっかくなので今日は私もちょっと飲んでみたいと思います。こういうお店に来て「水で(・∀・)」なんてカッコ悪いことは言えません。

sapporo-moliere-drinkmenu

ってことで、こちらのフルーツワインを注文してみました。もちろんドリンクも全て、北海道で酒造されているものです。ワインの酸化防止剤だけはどうも仕方ないけど、まぁいいや、ちょっとぐらい。

sapporo-moliere-fruitswine
スタッフ
こちらは甘くて口当たりが良いので、いっきに飲んでしまわれる方が多いのですが、アルコール度数が9%ありますから、飲み過ぎにご注意くださいね(笑)
sapporo-moliere-umewine

って、確かに飲みやすいー!梅酒だけどアップルタイザーみたいだ。

寒い中での旅の疲れもあって、既に気持ちよくなってきたと同時に、コース料理の一品目がやってきました!

北海道産じゃがいもとたまねぎのタルト

スタッフ
手でつかんでそのままお召し上がりください。中は熱々です(^^)
sapporo-moliere-tarte

なんとまぁ可愛い木のお皿に乗ってやってきたタルトさん。直径7cmほどのケーキのような可愛らしさです。中身はとろ〜りとした濃厚なキッシュをいただいているようでした。でもこの味は過去にも経験したことがあるって感じではあります。

北海道産ごぼうのスープ(泡付き)

スタッフ
はスプーンですくっていただいて、そのあとはコーヒーを飲むようにカップをもってお召し上がりください(^^)
sapporo-moliere-gobousoup

はい!まず私を最初に感動させたのは、この「牛蒡スープ」!お口に入れた瞬間、ふわっと北海道の広大な大地の風景が瞼の奥に広がった。確かに牛蒡なんだけど、、、紛れもない牛蒡なんだけど、あの茶色くて泥から生まれた牛蒡からは出せない不思議なまろやかさが身体中に広がって、そして沁みていった。

一瞬でご馳走様。

そしてその後も次々にタイムラグなく料理は運ばれて来る。

網走から直送!ワカサギのフライ

スタッフ
本日、網走から届いたばかりのワカサギのフライでございます。セモリナ粉を使って食感良く揚げております。味も既に付いておりますので、そのまま手で持ってお召し上がりください(^^)

出たー!セモリナ粉!聞いたことはあるが使ったことはないセモリナ粉!

created by Rinker
パイオニア企画
¥713 (2021/09/22 18:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

セモリナ粉がこの香ばしさを生み出しているのか、シェフの揚げ方がすごいのか、どっちも凄いんだろうけど、もう見てください。この衣の芸術感・・・

sapporo-moliere-wakasagitempra

ワカサギという魚の骨の隋まで堪能できる一品だった。一瞬で目の前からワカサギが消えた。

大感動!50品目以上で作られた温野菜のサラダ

今回モリエールさんで頂いたコース料理の中で、私が最高に美味しいと思ったのがこちらの「温野菜サラダ」です。もちろん全て北海道の食材だけで作られている絶妙に温かいサラダなのですが、使われている具材の全てがまぁなんと主役級に美味しいこと!大!感!動!

sapporo-moliere-salad

野菜が大好きということもあって、こんなに野菜の性格と特徴を生かし切った一品を堪能できたことに、細胞全体が活性化した。そして美味しさの雫に心がうるうるした。感動の嵐だった。

愛旅
このサラダ、何種類の野菜が入ってるんですか?見たこともないモノがいっぱいなんですが!(震)
sapporo-moliere-hotsalad
スタッフ
野菜だけで20種類、ハーブなども合わせると50種類以上は使っております(^^)それらを掻き混ぜすぎないように食べて頂くのが美味しくお召し上がりになれるコツです(^^)

掻き混ぜすぎないように、下から上へ具材を移動させ、フォークで口に具材を運ぶたびに、魔法にかかったように幸せな気分になる。私はこの温野菜サラダがモリエールさんで一番好きになった一品だった。毎日でも食べたい。毎日これを食べている自分を想像しただけで幸せになれる、そんな神掛かったワンプレートだった。

sapporo-moliere-art
食べたあとはアートになる

厚岸湾の牡蠣フライ タルタルソースで

さて、ここまで食べるとそろそろお腹も満たされてきましたが、コースはまだまだ続きます。

お次は、厚岸(あっけし)で採れた牡蠣のフライでございます。この可愛い葉っぱは、ナスタチウムという美しい花の葉だそうです。なんと美しい。

sapporo-moliere-kakifried

最初に頂いたタルタルソースの牡蠣フライは、さっきの温野菜の感動が神レベルだったこともあって、「ああ、美味しい」という感じだった。

しかし、モリエールを侮ることなかれ!

スタッフ
牡蠣フライもう1つありました♪今後は「山わさび」でお召し上がりください。ワサビは大丈夫そうですか??
sapporo-moliere-wasabi
山ワサビの牡蠣フライ

これのどこがワサビなの?!という見た目で出てきたこちらは、包丁で薄〜く丁寧にスライスされたもの。野生の山ワサビを単純に擦り下ろしてしまうと辛味が強くなってしまうが、こうすることによって風味がより生き生きとし、辛さもやわらかくなるのだとか。

食材を愛し、食材を理解していなければ生み出せない、まさに創作料理だ。

心から感動したこの芸術作品。初めてこんなに生き生きとしたワサビを堪能した。ツーンとした絡みは、私の鼻の奥から脳へ目掛けて一直線に新しい体験を与えてくれた。

北海道産カスベ(エイヒレ)

お次は、カスベと呼ばれる北海道ならではの食材だ。「エイ」のことを北海道では「カスベ」と呼ぶらしい。

ってことで、こちらはエイのグリルです。角切りにカットされたのは普通じゃないほど味深いレモンとクルトン。カスベは軟骨まで食べられるほど柔らかくトロトロに煮込まれていて、身が骨からスルスル〜っと手間なく解れる。油のノリと付け合わせのレモンの相性が抜群に良かった。

sapporo-moliere-ray

お口直しのシャーベット

そろそろ満腹を感じ初めてきたころで、出てきたのはレモンと紅茶のシャーベット。そこに洋梨のブランデーを少しかけて頂くこちらは、コース料理のフィナーレではなく、ただのお口直しだそうだ。

sapporo-moliere-okuchinaoshi

そうなんです!コース料理はもう少し続くのです。

これ、9,900円だよ?安すぎないかい??

北海道産 合鴨のステーキ

今回紹介してきたコース料理の全てが、北海道の◯◯産の素材なのですが、私のメモとメモリ不足により全てを明確にお伝えできてなくて本当にすみません; こちらの合鴨もスタッフさんが「◯◯地方の〜」と説明してくれるのですが、もう目の前のエンターテイメントに夢中になるあまり、この失態でございます。

こちらの合鴨ステーキ、付き合わせは肝ペーストと、セリのサラダでした。

sapporo-moliere-aigamo
無駄のないジューシーさ

雪室で500日寝かせたメークインのグラタン

北海道の農業を語る上で知らなければいけない、雪室(ゆきむろ)という保存栽培方法。北国の厳しい寒さを有効活用した天然の冷蔵庫だ。冷たい雪の中で長く貯蔵される野菜は、その寒さに耐えるために自発的に糖分を産む。野菜自らがタフに強く生き残ろうとし、さらに美味しい野菜に生まれ変わるのだとか。

そして、こちらがその雪室で500日間耐え切ったメークインじゃがいもで作られたグラタンです。その甘みはもはやサツマイモや栗すら超えるレベル。あっさりしているのに、どこまでも甘さが追いかけてくる、そんなグラタンだった。

sapporo-moliere-potatogratin

いよいよ、コース料理も最後の一品になりました。

窓の外を見ると、雪が本降りになってきて、より一層今宵の「美」が引き立ちます。有り難や。

スタッフ
お腹の具合はいかがでしょうか?まだ余裕がございましたら、ラクレットチーズをお召し上がりいただけますが(^^)
愛旅
余裕です!チーズ大好きです!ぜひ頂きたいです!

とろけさせないラクレットチーズ

そうして目の前にやってきたのが、こちら(うるうる)

愛旅
こ・・・これは、「ラクレットチーズ」なのですか?とろけてませんが?
スタッフ
はい、みなさん「ラクレットチーズはとろけているものでは?」と同じことを仰います(^^)当店のラクレットチーズはシュレッドチーズにしておりますが、このままガブリ♪とお口に入れてみてください。とろけますので(^^)
愛旅
はう(゚Д゚)♡

チーズは目の前じゃなく、口の中でとろけてこそチーズなんだね。恐れ入りました。

それでは、最後にデザート食後のドリンクを一気にご紹介しましょう!

ハーブティー

北海道産 百合根のモンブラン

金柑とオレンジのシャーベット

チョコレートムース

フランスの伝統菓子「ガレットデロワ」

ケーキの中に陶器の人形を入れ、その人形を見事当てた人は「一年間幸せに過ごせる」というフランスでは伝統の正月ケーキ。

sapporo-moliere-cake
好きな大きさにカットしてくれます

こういう伝統はメキシコでも経験した愛旅なのですが、メキシコではなぜか人形を引いた人が「全員にご飯を奢らなきゃいけないんですよ!笑」とスタッフさんと笑って会話した。

スタッフさんは終始、どのお客さんのテーブルでも止めどなく会話を楽しみ、常連のお客さんのことも、初めて来客する私みたいな客に対しても、最高のおもてなしを見せてくれた。

創業37年目、北海道から世界に名を沸かすフランス料理の名店モリエール。食材は常に、オーナーの愛する北海道で産まれたものだけを使用し、「北国の美食」を開拓し続ける、誰にも真似できないその熱きスタイル。

sapporo-moliere-wine

メニューは創業当時からあえてあまり変えず、グランドメニューに近い形で提供しているが、四季によって食材の変化も楽しめる。常連さんから「ちょっとアレンジして」というリクエストにも柔軟に応じるという。

また、コースの最後に出てきたこの美しいブルーのお皿は、創業当時からずっと使用している大切なものだそうだ。

sapporo-moliere-olddish

期待以上のフルコースに踏まえ、何を聞いても明確な答えを返してくれた全てのスタッフさんの対応にも感無量だった。

プロフェッショナル〜仕事の流儀〜

NHKの言葉を借りるが、まさに全てがその通りの店だった。

次は、世界各国から色んな美食の友人をエスコートして、わざわざ大阪からこの北海道のモリエールにまた再来したいと心から思えた。

私の拙い文章力であまり料理の感動を汚したくなかったので、写真を多めにしてこの記事を心を込めて書きました。

たくさんの人に「北国の美食」が伝わると嬉しいです。

札幌市フランス料理「モリエール」の詳細とアクセス

冒頭にも書きましたが、人気のレストランにつき、電話予約はお早めに♪

住所 〒064-0959
北海道札幌市中央区宮ケ丘2丁目1-1
ラファイエット宮ケ丘 1F
Googleマップを見る
営業時間 昼 11:30~15:00
夜 17:30~21:00
※水曜日定休
公式HP https://sapporo-moliere.com/
コース価格 昼 4,600円〜
夜 9,900円〜

あ!あと余談なのですが、私が札幌で泊まったKOKO HOTELが、一泊2,000円ちょいというリーズナブル価格で抜群に滞在しやすかったので詳細貼っとくね!

札幌駅、レンガ庁、大通り公園へも徒歩5分圏内だったよ!

KOKO HOTEL 札幌駅前の詳細を見る

は〜、北海道のこと、他にも書きたいこといっぱいある。また紹介するね!いろいろ!

とりあえず、モリエールさんにまだ行ったことない人は、ぜひ行ってみてね(・∀・)

(おわり)

関連記事