singing-with-guitar

ダイビング初日の夜だった。

海から宿に帰ってきた私は、シャワーを浴びて自分のベッドに横になり、そのままウトウト…しかけたのだが、近くで聞こえてくる優しいギターの音が気になって部屋を出た。

音の距離は近くて、1階で誰かが弾いてるっぽい。

音が聞こえる場所へ行くと、フロントで働いる若いヒゲのにいちゃんが仕事をサボって1人でラフにギターを弾いていたので、話しかけた。

「ギター!私も弾きたい!(・∀・)」

もちろんギターの弾き方も知らなければ、楽譜?を読むこともできないんだけど、私は、YUIや阿部真央みたいにギター1本でオリジナルソングを心で歌い上げる感情のこもった歌がとにかく大好きで、その歌う姿にけっこう昔から憧れていた。

↓この歌とか、よかったら聞いてみて。本当に元気になれるからっ。

「わたしギターまったく弾けないんだけど、例えばこの歌を完璧に弾きたいと思ったら、どれぐらいかかるかなぁ?」と、YUIの中でも有名な「Good-bye Days」を流しながら尋ねると、「めちゃ練習して1ヶ月かなぁ」とゆう彼。

やっぱすぐに弾けるようにはならんかぁ・・・と諦めモードに入っていると、「これすっごくいい歌だね!」と、今まで弾いていた音楽をやめて、Good-bye Daysを即興で弾き始める彼。

singing-with-guitar

「すごい!楽譜なくても弾けるの!?」と驚く私に、「全部は無理かも」とゆうので、ネットで楽譜を探して彼に見せると、もうヒョイヒョイと弾いてくれる。そんな彼のギターの真横で歌うのは気持ちよくって、本当に気持ち良くって、もう心がふわふわ気持ち良くって。(←表現の仕方)

singing-with-guitar

するとタイミングよく、彼の友達が遊びにきて、私たちの即席ライブを撮ってくれた!(・∀・)

ガム噛んだままやけど...
自分で弾いてないけど...

ギターと歌うとゆう夢がこんなところで叶った!✨

んで、彼の名前おもっきり忘れたけど、ワンピースのフランキーが好きらしいから、フランキーと呼ぼ。

フランキーとアレックス、そしてセンセイと私で机を囲んですっごくゆる〜いおもしろ時間が流れた夜。

singing-with-guitar
アレックスとフランキー
singing-with-guitar
センセイとわたし
singing-with-guitar
センセイとわたし

スペイン語と日本語を交換しあい雑談し、歌う。

アレックスは大学で日本語を学んでいるみたいで、私が教える変な日本語もサクサクと覚えてゆく。

ちなみにアレックスもフランキーも歌がめちゃ上手!ずっと聞いてたい声してる。

「let it be歌って!」とリクエストしたら、めっちゃおもろいコントみたいになった(笑)あははっ!!

singing-with-guitar

今日は、ダイビングで疲れただけの一日になるかと思ったら、まさか宿の中でこんな楽しい夜を過ごせるなんて。

ほんと、いきなりなにがあるかわからんね。

素敵な時間をありがとう、みんなっ。

さぁ、明日はいよいよラパス最終日。

もう1回潜りに(リベンジ)行ってきます!期待しててね(・∀・)

(つづく)

スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク