ugly-mind

子宮の洞窟とキャセドラルロックの夕焼けツアーを終えて、すっかり夜のセドナ。

NANAさんが、私がセドナでずっとお世話になっているパトリックを紹介してほしいと言ってきたので、普通に承諾したのだが、まさか今日ツアーに参加した5人全員でパトリックの家にそのまま押し掛けることになるとは思わなくって、少しだけ気が重くなった。

birthingcave-sedona

まず、「パトリックに許可をとっていない」とゆうこと。

そして私は、あんまり大人数で長時間楽しめるラフな性格を持ってない。

それと何より強く思ったことは、パトリックの家は日本人の観光スポットじゃない。ぞろぞろと日本人に入られるのは、なんだか、、、なんだかわからないけど嫌な気分が先に心にやってきた。

ケニーが運転する車がパトリックの家に止まり、私はまず「パトリックに確認してきます」と言って、1人で家の中に戻った。事情を説明した後、パトリックは初めて会う人間ばかりの急な来客にも関わらず、軽い足取りでNANAさん達の待つ門の前に行ってくれた。

狭いセドナの街。パトリックとNANAさんには共通の知人がいたらしくすぐに打ち解けていた。そして、そのままNANAさんが「日本人の女の子が2人いるからその子達も家に招いていい?」とパトリックに尋ね、パトリックも「もちろん!」と快諾した。

この時点で、なんだか私は複雑な心境だった。

パトリックは初めて会う日本人の皆に家の中を見せてあげ、そして自分の仕事であるクリスタルディギングとアクセサリー形成のことを社会見学のように説明する。そして、「お土産にあげる」と採掘してきたクリスタルを各々にプレゼントした。

sedona-love

私はもうなんだか見ていられなくって、借りているベッドスペースで自分だけの時間を過ごそうと思ったりもしたけど、それもそれで全然落ち着かない。なぜだかわからない。

けど、これが私の狭い性格だ。

結局、みんなはそんなに長くは滞在しなかった。ほんの30分程の小さな滞在だった。

みんなが帰った後、私はパトリックに「急にこんなことになってごめんね」と言った。

すると彼は、私が数秒前に口にしたその「ごめんね」という言葉や、狭い考えをより際立たせるぐらい優しく愛に満ちた顔で、こう言った。

ありがとう。愛が繋げてくれた素敵な輪なんだよ。俺は、人と人がこうして継ながることが大好きなんだ

あぁ。。。私ってなんて醜いんだろう。

なんだわたし。
なんだこれ。
なんでこんな狭いんだ。
小さいんだ。
なんでオープンになれないんだ。

それ以前に、私はパトリックのことをなんだとおもってたんだ。私と一緒だとでも思ってたのか。最低だ。

この日から私は、セドナで無邪気に笑えなくなった。

arrived-sedona

翌々朝、それに追い打ちをかけるような出来事があった。

朝からパトリックのテンションが異様に高かった。その理由を聞くと、

ものすごい美人の旅人が来たんだ!フェニックス空港まで迎えに行ってきたよ!

と、興奮気味のパトリックに紹介された女の子に目を向けた。

目線の先には、まるでセーラームーンみたいな二つの可愛いお団子ヘアにクリクリした大きな黒い瞳と綺麗にマスカラされた長い睫毛、ヒッピースタイルの似合う褐色肌の上に、自分でデザインした個性的な洋服と靴を上手に着こなす若くて可愛い女の子がいた。

名前はローズ。ロサンゼルスでアパレルデザイナー兼アーティスト活動をしている。

絵を描くことが好きで、姿が見えないなと思ったら、持っている分厚くて味のあるスケッチブックに色鉛筆で絵ばかり描いているか、綺麗なウエストとおへそを出して陽の当たる場所で寝ている神秘的な姿がとても印象的な、本当に素敵な女の子だった。

なんで人魚を描いたの?

rose-mermaid
ローズが描いてくれた人魚

私達はお互いに「絵を描くのが好き」というちょっとした共通点があった。私が持ち歩いているiPadに人魚の絵を突然書き始めたローズ。

ん〜なんとなく?

ローズのなんとなくが私の大好きな人魚だったことが単純に嬉しかった。

でも、ローズがここに来てから、なぜか私のこの家での居心地は悪くなった。嫉妬まではいかないとしても、今までわたしに無償の愛と優しさをくれたパトリックやその他の人が、その対象を私から次のものへ移した事をはっきり悟ったときの青く汚れた感情。「比較してない、気にしてない」と言い聞かせど、女ながらに感じてしまったんだろう。

わたしはクソガキだ。

愛情は独り占めするものだと思っている子供と一緒。

かまってもらえないと寂しい。悲しい。

三十路を手前にした良い大人が、まだこんな精神レベルにいることに気付き、つくづく救いようのない性格だと気付かされ自己嫌悪に陥った。夜、みんなにバレないように庭に出て、そんな不甲斐ないアホな自分に対して膝をかかえて泣くしかできなかった。

すっごい孤独だった。

バカな孤独の感じ方だった。

泣くなんてバカのすること。

涙がなにも解決してくれないことは知ってるやろうに。

アメリカ横断をスタートして約2週間。その短い期間の中でもらった愛情が測りしれないほど大きすぎて、いつの間にか愛をもらいなれて謙虚さを失い、私のマインドは明らかにドス黒い「エゴ」に変わっていた

ちょうどこのとき、日本時間では私の誕生日だった。そのおかげでタイミングよく色んな方達からお祝いのメッセージを頂き、その流れで1人の先輩に今の自分の心の中を正直に明かした。この人は数年前にアメリカ一周を女一人でやり遂げた強い人。

その先輩は、私がセドナで今感じている醜い感情に対してこう言った。

広いアメリカの大地で思いっきり我がままになっていい

spiritual_cathedralrock

そして、こんなエゴ丸出しの私を身近で救ってくれたのは、昨日まで一緒にセドナで過ごしていたメキシカンのアイデとの新鮮な記憶。私はもうアイデのことを「おねえちゃん」と呼んでいる。

eleveneleven

私より後にセドナに来て、先にメキシコに帰ったアイデだが、一緒に過ごしたときに近くで見ていたアイデのナチュラルに強い精神を思い出して、自分の心にツギハギで縫い付けた。

ブログなんて、、、経験したことをおもしろおかしくリメイクして世に伝え、それなりの反応があればいいってものかもしれない。けど、わたしが作って行きたい・育てていきたいブログはそんなものではなくって、「自分の化身」になるような。自分自身で「私」を見つめる為の、ゆわば感情と精神すべてのレポートだ。

路頭に迷っている時の自分が読めば、道標になるほど自分自身がわかるようなブログとして育てて行きたい。

もちろん、私が正直に書くことによって、私以外の誰かに迷惑が掛かる内容はご法度だけど、それ以外であれば、感じた闇な部分や、痛々しい部分なんかも、ちゃんとアウトプットしていきたい。

でもね、それってやっぱり結構しんどい。

だって、自分の醜いドロドロした部分と向き合わないといけない時間だし、そんなときの自分って、鏡すら見れないくらいブサイクだから。顔は、心を写すと言われている根拠も理解できる。

しかも、そんな醜態を敢えて自分以外に見せる必要なんてないのに、他人・社会・世界中に公開されているこのブログに「文字」とゆう名の証拠として綴ってしまう私も本当にバカかと思う。

だけど、わざわざ文字にして吐き出した先に、なにがあるのかちょっと考えてみたんだ。

吐き出すことへのすっきり感も多少あったが、一番の理由は、やっぱり「時間をかけて正直さを熟成したい」とゆうところに辿り着いた。

ちょっとでも何かを隠したり、小さなカバーをかけたりするだけで、自分がどこかで狂い始める気がする。小さな感情の違和感を放置すると、嘘を呼ぶ気がする。

そしてそれは、自分の意志力への妨げになってくると思う。

例え些細なことでも、心や体が「違う」と反応をくれているものを適当にやり過ごす中身のない人間って嫌じゃん。誰だってそんな風に扱われたくないじゃん。

そんな人間になったら、好きな人に好きだとまっすぐに伝えることできなくなると思うんだ。

だってそうゆう些細な思考や感情の置き去りが、きっと性格やオーラや日頃の行動に表れちゃう。

私はね、馬鹿正直でもそんなふうに生きたくないだけ。

と、こんなマインドが今日この記事を私に書かせた。

こんな感情だって旅の一部なのに、それを省いて綺麗ごとだけのブログにしたくなかった。

I hope this dicision gonna be right for my life and I'll know it someday.

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)