visit-siliconvalley

私がサンフランシスコに来た最大の目的は、シリコンバレーのIT企業を訪問するためでした。

そもそも私がシリコンバレーに興味を持った理由は、過去の旅路で偶然出逢ったことから仲良くさせて頂いている、日本一のプログラマーさんの影響が大きいです。

私もWEBを少しかじっていたとはいえ、プログラミングなんて宇宙人がやる仕事だと思ってたから、当時28歳で会社を辞め、愛犬を天国に見送り、今後どう生きて行こうか彷徨っていた私に、Sさんはこう言ってくれた。

Sさん
俺も今の年収じゃだめだなぁと思って、28歳から3年間猛勉強して転職したからね!今からでも全然遅くないよ!
Sさん
あ、あと英語も必須だね!

そうアドバイスされ、本当に単純な私はすぐにプログラミングと英語留学を決めた。

だけど、4ヶ月間みっちりプログラミングを勉強した結果、「絶対向いてない!ってか楽しくない!デザインの方がいい」てなって、私は結局エンジニアの道には進まなかった。(でも、プログラミングの概念が少しでもわかったから、無駄なことではなかったよ)

それでも、世界最大のIT都市シリコンバレーへの憧れや興味が消えることはなかった。

でもね、シリコンバレーのIT企業に潜入するためには、

働いている人のアポがないと入れないんです。

この扉を開けるのは、ここで働いている人のIDカードが必要です。

google_office

もちろん、厚かましいのは承知の上で、Sさんにも相談しましたが、、、

Sさん
もう知り合いやめちゃったんだよね〜;
愛旅
ガーン!そうですか(泣)
Sさん
お役に立てずごめんよ。
愛旅
オフィスの中に入れなくても行く価値ありますか?
Sさん
うん、行ったほうがいいね。あれがあそこの凄さだから。

ーーーあれがあそこの凄さだから。

visit-siliconvalley
visit-siliconvalley

シリコンバレー、、、

本当に「すごい」なんてもんじゃなかった。

会社でもなく、ドームでもなく、もう街だった。

visit-siliconvalley

圧倒的な雰囲気と広大さに、スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグがどれだけ「偉大か」とゆう意味を、肌と心の奥から感じることができた。

visit-siliconvalley

これが会社?もう日本とは桁が違う。

・・・・・。

やっぱり街を見るだけじゃなく、

オフィスの外を歩くだけじゃなく、、、

私は世界最大のIT企業のオフィスに潜入したいんだぁ!だぁ!だぁ!

そう強く願っていると、翌日奇跡が起きたのです。

visit-siliconvalley

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)