aikenkaigo

こんにちは!@あいあいです。

急遽、動物病院に行ってきました。
レオちゃんが、ずっと「ファンファンファンファン!」と鳴き止まなかったんです。

aikenkaigo

実は、先々週から膀胱炎になっていたレオちゃん。

おしっこをする時に少し苦しむ素振りは今までに何度かありましたが、ここまでの雄叫びじゃなかったし、先週の血液検査でも「順調に炎症が治ってきている」と獣医さんに言われて安心してたのに。

もしかして、新しくできてしまった二箇所の床ずれが痛むのかな??

でも今朝、先生に床ずれの写真をメールで見てもらうと、「綺麗ですよ~!いい感じに治ってきてます!」と言われたし...

なにが原因なんだろう?もしかしてまたなにか新しい症状?苦しみ?!

とにかくここまで苦しそうなのは、どこか絶対おかしい。

ペット不可のマンションで、こっそりレオちゃんの介護をしている私。鳴き声に本当に敏感になります。

隣の住人に聞こえやしないか?
告げ口されたらどうしよう、、、

なんて考え出したらもう行動!苦しむレオちゃんをカバンに入れて、車で約45分くらいの距離にある掛かり付けの動物病院へGO!

レオちゃんの先生は、高度二時診療センターでも臨時医師を務める先生で安心感がありますが、片道車で45分(道路が混んでると1時間以上かかる)ので本当に遠い。でも近所の動物病院とはやっぱり全然違うんですよね。

・診察の仕方
・ケアの提案、考え方
・飼い主への伝え方
・負担最小限の治療
・細かい配慮
・看護師、受付の対応の良さ

一度、近所の病院に乗り換えてしまった時は危うくレオちゃんを殺されかけたので、もう交通費や時間は関係ないって思いました。実際、レオ自身もこの先生に診てもらうとすっごく安心するようで、体も心もありのままに委ねてる感じです。

って、話が脱線しすぎた!

それでタクシーの中でもずっと雄叫びをあげていたレオちゃん。こんな状態では当然、電車では連れていけません。運転手さんも「苦しそうやね~」と声を掛けてくるくらい、車内でもずっと鳴き続けていました。

aikenkaigo

こうゆうとき私のようなダメ飼い主は「鳴き叫んでしんどいこの状態で先生に診てもらえば、悪いところが全て伝わるはずだ!」なんてバカな事を思っちゃうんですよね。

私が口で症状を説明しても、レオちゃんのその痛みを100%伝えられないから。

だから、レオちゃんの犬語で先生に言って欲しいって思っちゃう。

でもね。
病院に着いた途端に鳴き止む。
そしてまさかの爆睡です。

aikenkaigo

ツンツンしても、他のわんちゃんにクンクンされても、ゆさゆさしても、抱っこしても、なんなら診療室入って床ずれ治療しても、血液検査で注射しても、全く起きない。

凄まじい爆睡を見せるレオ様。

aikenkaigo

そして、先生とのお話も終盤になった頃にようやく目をゆっくりあけ、ムクッとお首をあげて一言。

グルグルグル~&フンフン
(訳:お腹空いた~)

aikenkaigo

血液検査と聴診の結果からみてもどこも悪くないし、病院来たら鳴き止む。

それってつまり、私のお世話に不満があるってことじゃん!!!

ってことで帰宅後、いつもお世話になってる老犬介護の先輩に相談してみました。

「愛ちゃんは、ペット不可の一人暮らしマンションでレオちゃんを飼ってることがすっごいストレスになってるかもね…」

「レオちゃんは賢いから、そのストレスや不安を感じ取るんだよ」

ごもっともな意見。。。

常に不安を感じてるわけでも、イライラしてるわけでも、泣いてるわけでも、しんどい顔を見せてるわけでもない。

だけどレオは賢いから、私の心の奥深くにあるものを私よりも先に感じてしまうんだろうね。

どうすればいいのかわかったよ。
私がスーパーポジティブで元気になればいいんだ!
ごめんね、レオちゃん。
ママもっと頑張るよ。
笑顔忘れないよ!

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)